Blog

ブログ

海外移住・駐在のために買ってよかったものは?

海外移住・駐在のために買ってよかったものは?

海外にしばらく住むために必要最低限の身の回りのものは持って行くとして、他に何を持って行けばいいのでしょうか。いつも通りの生活をなるべく続けることで、現地での生活のストレスを減らし、楽しくすごせると思います。

海外に住む準備をする際は、自分で運ぶ手荷物(スーツケース)、飛行機便で運ぶ荷物、船便で運ぶ荷物に分けて、それぞれに何を入れるべきか考えると考えやすいですよ。スーツケースは1番無くてはならない洗面用具や着替え、到着後1週間程度で到着する飛行機便には、着替えや炊飯器などのすぐ使いたい家電や食品など、船便は到着後約1ヶ月後に到着しますので、シーズンオフの着替えや、大きめの家具などと考えると、わかりやすいですね。

スーツケースに入れて運んで良かったもの

まずは、飛行機に乗る際に自分でスーツケースに入れて運んで良かったものをご紹介します。

化粧品やヘアケア製品

海外で日本人の肌の色にあったファンデーションを探すのは難しいこともあります。
化粧品のなかでも、特にファンデーションや下地などは余裕を持って準備していくことをお勧めします。また、海外では水の違いや紫外線から髪の毛が痛んでしまうことが多いようです。シャンプーやコンディショナー、洗い流さないタイプのトリートメントなどお気に入りのヘアケア製品を多めに持っていくといいですよ。

常備薬

やはり使い慣れたお薬は安心ですね。風邪薬、咳止め、便秘薬、鎮痛剤などがあると便利です。また、入国時に、何のお薬なのか聞かれた時のために説明できるよう、英訳を簡単に書いておくといいですよ。薬を持ち込む際は、医師の処方箋が必要な場合もありますので、それぞれご確認の上、ご準備ください。

フォーマルな服

着任後、すぐにパーティーやお食事会など奥様も一緒に呼ばれることもありますので、1着はあると便利だと思います。

お土産

これは絶対に忘れたくないものの1つです!駐在の場合は、上司や同僚の方への気配りも忘れたくないですね。また引越しの際に思いがけず、ご近所の方にお世話になることもありますので、必ず準備することをお勧めします。お勧めのお土産については、別の記事に記載してありますので、ぜひご参考にしてください。

インスタントのお味噌汁

やはり、お味噌汁を飲むだけで、ちょっとほっとしますよね。しかし、豚汁などになると肉製品扱いになり、持ち込めない国もありますので、内容にはお気をつけくださいね。

飛行便で運んで良かったもの

飛行機便では、家電製品や、食品、調味料を運ぶと便利ですよ。食品は入国する国によって持ち込み禁止の食べ物などがありますので、必ずご確認の上、ご準備くださいね。

ヘアアイロン

海外で使えるタイプのヘアアイロンも日本で数多く売られています。日本とは水が違うので、髪の毛のセットに困ることも多いようなので、あると便利ですよ

袋ラーメン

飛行機便で食品を運ぼうと考えていらっしゃる方も多いと思いますが、なかでも私のお勧めは袋ラーメンです。調理が簡単ですし、カップラーメンと違い規制された食品が入っていないことが多く、持ち込みやすいです。カップラーメンですと、肉や魚製品が入っていて、国によっては持ち込めないこともあります。

お米や調味料

比較的都会ですと、お米、醤油、みりんなども現地のスーパーマーケットで売っていることもあります。しかし、醤油も日本で売っているものとは若干味が違うと感じる方もいるようですので、醤油、みりん、味噌、ポン酢、ソースごま油、出汁など、ご自身が普段お使いの調味料を持っていくと安心です。

また合わせて現地に日本食品を売っているお店があるか調べておくと、あまりたくさん持っていかなくて済みますね。近くに日本食品のお店がなくても、配送してくれる場合もあるようなので、ぜひ1度調べてみましょう。出汁は国によっては持ち込みが規制されているところもありますので、準備する前に確認しましょう。

ちょっとお洒落な紙皿や紙ナプキン

現地でパーティーやお食事会に呼ばれる機会も増えますが、ご自身で主催しないといけないことも増えます。もちろん現地でも購入できますが、日本でちょっとお洒落な紙皿や紙ナプキンを準備しておくと慌てなくて済みますね。

癒し系グッズ

お気に入りのドラマや映画、お子様がいらっしゃる方はお子様向けのDVDなどがあると、いいですよ。日本語を聞くだけで、少し癒されるかと思います。現地のNetflixやamazonのプライムビデオも見ることができますが、日本語対応していない場合もありますので、DVDがあると安心ですが、海賊版や自分でDVDに録画したものは没収される危険もありますのでご注意ください。

他にも、ご自身でお気に入りの趣味などの物を少し入れておくといいと思います。慣れない生活のなかで、リラックスできる時間を意識して作ることも大切です。

船便で運んで良かったもの

船便では、大きな家具やシーズンオフの衣類などを運ぶと便利ですよ。

新しい下着、ストッキング

使っていない新しい下着を多めにご用意されることをお勧めします。日本人にあったサイズがなかなか売っていなかったり、生地が日本で売っているものの方が良かったりすることが多いと思います。そのため、大人、子供、男女関係なく多めに準備されていると安心ですよ。また、海外で売られているストッキングは破けやすいことが多いようです。コンビニのものでも十分だと思いますので、余分に準備しましょう。

ラップ

海外でもラップは売っていますが、何の機能を果たしているのかな?と思うくらいに全然くっつかないことが多いので、多めにご準備されるといいですよ。最近では、100均で繰り返し使えるタイプのラップもあります。

歯ブラシ

当然、海外でも歯ブラシは売っているのですが、たいていヘッド部分がとても大きいです。日本で売っている歯ブラシの2倍はあるので、日本人は、使いにくと思う方が多いようなのです。気になる方は、多めに新しい歯ブラシをご用意くださいね。

スリッパ

家のなかでも靴で過ごす文化の国では、あまりスリッパは売っていませんので余分に持っていくことをお勧めします。

和食器

お茶碗や汁椀を海外で探すことは大変だと思います。また、パーティー用に大皿があると、とても映えますね。しかし、配送中に、完全に割れなくても端がかけることはよくあります。お気に入りの器や、高価な器を持っていくことは、あまりお勧めしません。また、欠けてしまった場合に備え、必要な枚数よりも少し多めに持って行った方が安心です。

子供の絵本・ドリル

年齢にあったものはもちろん、先を見据え準備しておくと便利ですよ。先進国では公文のお教室があり、そこで学習することが出来る場合もありもありますが、予めご自身で準備しておくと安心です。

まとめ

今回は、あったら便利なお荷物についてお話しさせて頂きました。海外生活は慣れない人にはストレスも多いものだと思います。ご自分の心の余裕を保つためにも、少し余分かな?と思うものでも持って行くといいのではないでしょうか?

また入国の際に、税関で食品を持っているか、内容は何か、など聞かれることがあります。ご自身の持っている物について英語で説明出来るように、わからない単語など調べておくと比較的スムーズに入国出来ると思います。

また、英語学習でお困りの場合は、自宅で学べるマンツーマンのコーチング英語学習サービス
質の高いマンツーマンのオンライン英語レッスン、個別学習プログラムの設計、メンタリング、日々の学習管理が、すべて自宅で受講可能。最短2か月から学べるサービスをご提供中です。
ぜひ、無料のカウンセリングも行なっておりますので、お気軽にお問い合わせお待ちしております。



記事一覧に戻る

0